2008.5 ログハウス生活スタート!!  私たちが、小さい頃から憧れていたログハウス。 ログの出会いから、建設・そして完成。  私たち夫婦は多趣味で、登山 ・ ガーデニング ・ D・I・Y など、これからのエピソードを 書き込みしていこうと思います。 
 ☆彡 近所の山をハイキング ^^ ☆彡 
2017年03月24日 (金) | 編集 |
 先日の公休日 近くの山をハイキングに行ってきました。

 天下分け目の天王山のよこ 十方山です。


 下山するとこの最寄駅の有料Pに車を停めといて 登山口の大山崎駅まで電車で移動


 コースは 大山崎駅  サントリー工場  水無瀬の滝  十方山 

  奥の山展望台  小倉神社  西山天王山駅 Pでおわり

 
   十方山 (1)  十方山 (2)
  
 スタートはここから 住宅街を歩いて サントリー工場通過です。 

 見学したいですが有料です


       十方山 (3)       十方山 (4)

               水無瀬の滝に到着です 約20mの落差があります。


    十方山 (5)  十方山 (7)

          名神高速道路 天王山トンネル入口を見下ろし ここから山道へ


 竹林の中を歩きます。 整備がされていて歩きやすいです。

 竹を整備されていた おじさんから 鹿が出てるから気をつけやって。

 イノシシはもう出ていないけど 鹿が昼間も出るからって教えてもらいました。


    十方山 (8)  十方山 (9)


    十方山 (10)      十方山 (11)

 足場がよくて 本当に歩きやすいです でもこのコース地図では--(点線)のコース

 なんでだろう? 立派なコースなのに・・・。


        十方山 (12)  十方山 (13)

   スタートから2時間弱で十方山304.3mの山頂到着です。 三等三角点のタッチ


 ランチ場所は 展望の良いとこでってことで 山頂はもう終わり 。。。。

 小倉神社から天王山へのコースに合流し 奥の山展望広場へ

    十方山 (16)  十方山 (17)

       ちょっともやってて視界が悪いです。 でも京都タワー 男山 など見えました。

 
             ここでランチかなって思っていたけど なんかな~~

  ご飯を食べるなら・・・・・分岐のとこにあるベンチまで戻ることにしました。  
 

        十方山 (19)    十方山 (21)

 地元の方が作った案内所 テーブルに椅子 時計に温度計 そして写真まで

 今の時期は福寿草が満開なんでその写真が飾ってありました。

 地元の方に愛されている山なんですね。           馬酔木の花が満開でした




 今日のランチは チーズケーキ1本です。

前日 篠山まで買いに行った豆畑の濃厚チーズケーキ  コーヒーを入れて1本食い

                  十方山 (20)

 
               ゆっくりランチをして エネルギー充電満タンです。

                  元気ありあまって ジャ~~~~ンプ  

                        jjump
  
                        思いっきり飛んでみました。
 

 さぁ~~下山しますか 先ほどの展望広場から降ります。

    十方山 (18)  ohjump

 この絶景で飛んでみた~~いって 浮遊てみました。  ふわってっ感じ出てますか



    十方山 (22)  十方山 (23)

                       結構急勾配の下りです。


    十方山 (24)  十方山 (25)

       竹林になってきたら 山道もそろそろ終わり 小倉神社もすぐそこです


    十方山 (26)     十方山 (27)

                    沢に出て 小倉神社登山口に到着 


    十方山 (28)  十方山 (29)

 神社の中を通り抜けて アスファルトの道へ・・・ここから まっすぐ下って西山天王山駅へ

 車を拾って 無事帰宅です。


 今回にコースは 実は下見だったんです 
 しょうみ2時間半で行けるんですね~でも歩いてみたらイイじゃん
 低い山だけど、好きだな~~って感じです。 ちょっと山へって思った時に行ける山
 こんな山 これからたくさん開拓したいな~って思いました。



 PS.....チーズケーキ1本食いは1人じゃないよ 4人だよ
 


にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。


 
 

スポンサーサイト
 ☆彡 淡路島最高峰 608m ☆彡
2017年03月15日 (水) | 編集 |
 先日 非番公休を利用し淡路島へ プチ旅行

 日曜日仕事明けで 家に帰って大急ぎで用意 シュッパ~~~~ツ

 明石海峡を渡って淡路島へ・・・

 宿泊先の裏には瀬戸内の海が 夕日を見に散歩

                 yuzuruha2 (1)


                  めちゃめちゃ綺麗な夕日でした。

    yuzuruha2 (1)  yuzuruha2 (2)


    yuzuruha2 (3)  yuzuruha2 (4)

                       夕日で遊んでいました

 日頃の疲れをここでゆっくり癒しました。 

 

















 


 
 ってここから山行のお話し

 妻が寝ている間に 一山行ってきました。

 朝ごはんの8時に間に合うよう帰ってこないといけません

 3時半起き 4時出発 4時半スタートです。

 今回行った山は。。。 淡路島の最高峰 『諭鶴羽山』608mです。

 登山口のある諭鶴羽ダムに4時半到着 真っ暗です。


 ヘッドランプの灯りだけが頼りです。

    yuzuruha2 (5)  yuzuruha2 (6)

        ヘッドランプに照らされた階段 不気味です。 闇の樹林帯を歩きます。


    yuzuruha2 (7)  yuzuruha2 (8)

 何度も言いますが 真っ暗な樹林帯はマジ怖かった スマホで音が流しながら歩きました。


    yuzuruha2 (9)  yuzuruha2 (11)

     大急ぎで上がったので 1時間弱で山頂 到着です。 夜明けは、まだのようです。
 
 月は出ていますが 曇ってるんで 今日の天気は下り坂  の予報です


 山頂まで来ましたが 今日の目標は、太平洋の登山口 黒岩水仙郷で有名な黒岩まで行くこと

 あんまり時間に余裕がないので、先へ 諭鶴羽神社を目指します


    yuzuruha2 (12)  yuzuruha2 (14)

     諭鶴羽神社の横にある 無料休憩所 ゆずりは山荘です。 トイレもあります。

  夜中なんで 中へは入りませんでした。 その奥にある広場。

  奥の塔は平和記念塔です。 戦争関係の平和を祈願した塔です。


         yuzuruha2 (15)       yuzuruha2 (16)

 黒岩目指し 一旦下山しますが 山頂に7時には絶対に帰ってこないといけません。

 黒岩まで往復2時間はかかる。 こりゃ~~無理かな

 急な下り このまま下ってまた登り返すのかぁ~~ 途中まで行きましたが、5時43分

 こりゃ時間的には無理だな


 仕方なく 山頂へ引き返します。

       yuzuruha2 (17)     yuzuruha2 (18)

 途中あった 薬師跡へよってみることに・・・ 何にもありませんでした。  看板だけ


    yuzuruha2 (21)  yuzuruha2 (23)

        諭鶴羽神社まで 帰ってきました 少しずつ明るくなってきました。

      休憩所から 沼島が見えました。 いつかは沼島を1周歩いてみたいな~


    yuzuruha2 (26)  yuzuruha2 (25)

           明るくなった山頂へ帰ってきました。 三角点にタッチ


       yuzuruha2 (27)     CM170313-060913001.jpg

  山頂標石の横に「八州展望所(淡、紀、和、河、摂、阿、讃、備)」と彫られています。

 「淡=淡路、紀=紀州、和=和泉、河=河内、摂=摂津、阿=阿波、讃=讃岐、備=備前」 

 ここで おつかれ マリオジャンプ 

 さぁ~~ 宿泊先に帰りますよ


    yuzuruha2 (28)  yuzuruha2 (30)

     シキミの花 毒があるんだって          走りやすい道がほとんどです
  

    yuzuruha2 (31)  yuzuruha2 (32)

                          牛内ダムへの分岐です。 ダムへは通行止めでした。


    yuzuruha2 (33)  yuzuruha2 (35)

 こんな感じで道が崩落していました。 でも横から行けそう・・・。
                                登山口の諭鶴羽ダムに帰ってきました


    yuzuruha2 (36)  yuzuruha2 (37)

 6時50分 7時過ぎまで 少し時間があるんで ダムをぐるっとしてみることに

 梅が咲いていました。

    
    yuzuruha2 (38)  yuzuruha2 (39)

 諭鶴羽ダムは 実は桜の名所なんです。 でも桜の木は、まだこんな感じ まったく無しです


    yuzuruha2 (40)  yuzuruha2 (41)

 ウォーキングしている おじいちゃん  あばあちゃんがいましたよ。 「おはようございます~」

 挨拶しながら ダムをグルッと一周して来ました。 



 これで 早朝、高速登山は 無事終了です。 ここから来るまで30分宿泊先の保養所に帰ります。


    yuzuruha2 (43)  yuzuruha2 (42)

                      帰り道見つけた梅の木


       yuzuruha2kiseki.jpg

    
 7時半すぎ 無事宿泊先に帰ってきました。 シャワーして 8時の朝食に間に合いました。

 おいしい朝ごはん 運動したあとのご飯は最高です。

 
 チェックアウトしたあとは 淡路島を散策ドライブしながら京都まで帰りました。


    gelm2 (2)  gelm2 (3)

                  gelm2 (1)

        福良にある ジェラートの店 G.ELM



    hukukaf1 (2)  hukukaf1 (1)
         限定 ベリーモカカフェ              プレーン ワッフル

            南あわじにある 『ふくカフェ』
          
 

    yumesa (1)  yumesa (2)

                 花さじきに寄って 菜の花も見てきました


         淡路島は 3月18日から 淡路花祭2017が開催されますよ。

              期間中 キャンプ道具積んで また来ようと思います。 

         花を見ながらゆっくりしたいと思います。           


 
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。



 ☆彡 初 伊吹山  ☆彡 with 山友さん
2017年03月06日 (月) | 編集 |
 3月4日土曜日 最高の天気でした。

 山友さんに 「雪山連れって~~~」って、誘惑メールを送って一ヶ月

 天気に恵まれなかったのに な・な・なんと晴れ 山友さんパワー炸裂しました

 駅で待ち合わせして登山口へ・・・


    17304伊吹 (6)
     向かう山がどんどん近づいてきます。


 あの壁を登るんですね~最強の望遠鏡を使えば登ってる登山者が見えるかも

 私のスマホでは むりぃ~~


 有料駐車場に車を止めて 準備開始 & 登山開始です。。。。。。

 山友さんとの山行は1昨年の正月武奈に行った以来 ホント久しぶりです。


    17304伊吹 (7)  17304伊吹 (8)

 登山口はここ ゲート下のおじさんは違う人ですよ。 人生初めての伊吹山登山です。


    17304伊吹 (10)  17304伊吹 (11)

 樹林帯のジュクジュクの道を超えて木がない道へ 始まったばかり  振り返れば霊仙山



    17304伊吹 (13)  17304伊吹 (15)

           3合目あたりから雪が アイゼンをつけて壁に向かいます


   17304伊吹 (18)  17304伊吹 (19)

        7合目の避難小屋で小休止  小屋の中はめちゃめちゃ綺麗ですね。

               夜景登山でここに泊まってみたいって思います。


    17304伊吹 (20)  17304伊吹 (21)

 さぁ~~頑張りますか 急斜面をやっつけるぞ 帰りはここ一気に滑り降りてやる

 ハァハァ ゼィゼィ 言いながら ゆっくり登ります。


    17304伊吹 (22)  17304伊吹 (23)

 木曽駒ケ岳の登りを思い出す景色です。 真っ青な空に真っ白な雪 景色は最高です。


    17304伊吹 (25)  17304伊吹 (27)

    最後の急登を超えて 鞍部分に出ました。       結構疲れました 


 でも振り返ると 絶景・絶景 疲れも吹っ飛びます。 えっ  ここで、 飲みたい


 頂上はもうすぐです。

    17304伊吹 (29)   17304伊吹 (28)
 
                          雪紋が綺麗ですね

 斜面はザックザクの雪でしたが 山頂付近は、良く締まった雪でした。 雪紋って 感動しますね



                  17304伊吹 (30)
                    日本武尊が待ってくれていました

 太陽の光を浴びて 雪だるま状態ではなかったです。 登頂記念の記念撮影 


    17304伊吹 (32)  17304伊吹 (31)

                   お疲れ様でした 頂上 到着です。

                  17304伊吹 (33)

         恒例ジャンプは ここしかないでしょ 1377mジャンプです


     17304伊吹 (5)  17304伊吹 (4)

        山友さん 「おりゃぁ~~~~」           私はルイジージャンプ



                 山頂を散歩しながら ランチ場所を探します。

                   17304伊吹 (34) 
     小屋の屋根まで積もった雪 ここが世界一積もった記録を持つ山頂なんですって

 ネットで調べると・・・有人観測史上1位の世界記録は1182cmです。
              これは日本記録でもあります。つまり 日本が世界記録保持者。
              しかも滋賀県です。1927年2月14日伊吹山での記録です。



 三角点の近くでランチです。

    17304伊吹 (35)

 お湯を沸かしてあったかいものを。  スープにしましたが 風が強く寒い

 さっさとランチを済ませ 散策の続き。


    17304伊吹 (37)  17304伊吹 (36)

                       伊吹山 三角点にタッチ


        17304伊吹 (38)       17304伊吹 (39)

            ぐるっと比良山系も眺めて 日本武尊像まで戻ってきました。

 日本武尊ってめちゃくちゃ可愛い顔してるんですね。 背中は痛そう エビの尻尾が刺さってる~


さぁ~ 下山しますか


    17304伊吹 (40)  17304伊吹 (41)
             仲良く2ショット

            びわ湖 比良山系の絶景 いつまでも見ていたい気分   

                 17304伊吹 (58)


    17304伊吹 (43)  17304伊吹 (42)

         
 まだこの時間で たくさんの方が上がってこられます。 キツイ斜面がわかりますか?

   
    17304伊吹 (44)  17304伊吹 (45)

         この斜面 本当に マジ バリ めちゃめちゃ 怖くて 写真ないです。

 実は私ここの斜面 足を滑らせて 滑落してしまったんですね~~ 50mくらい滑りました。
 周りの方は 尻セードで下山していると思われたらしく 誰もびっくりしていません。
 私だけが 一人どんどんスピードまして 滑っていましたが ピッケルのお陰で
 しっかり止まることができました。 なかなかうつ伏せになれなくて 止まらなかったです。

 アイスバーンだったら って思うと 怖~~い     


 3合目まで降りてきて 目の前に 霊仙山がくっきり

    17304伊吹 (47)

 1合目の自販機で疲れた体にエネチャージ

 「ストロングペプシー」 プッシュ~ 350mmですが、お腹に来ます。


    17304伊吹 (49)  17304伊吹 (48)

                    登山口にある湧水 ケチカの水


 贅沢に この水で ドロドロになった 登山靴 ゲイター アイゼン を洗います。

 下の公園には ブラシがありました。  皆んさんのご好意に感謝 


 無事怪我なく 下山できました。  でも登山はここで終わりではありません。


 伊吹山の麓の集落にセツブンソウが自生している場所がるんです。

 この時期満開になる セツブンソウ

                 17304伊吹 (50)

    17304伊吹 (51)  17304伊吹 (52)

 
    17304伊吹 (53)  17304伊吹 (54)
 
    可愛い 小さな花です。 節分の時期に咲く花だからセツブンソウ(節分草)なんですって
 

                    またここには福寿草も咲いていました

     17304伊吹 (55)  17304伊吹 (56)

                        黄金に輝く福寿草でした。


     そして伊吹町のご当地マンホールには・・・   
    17304伊吹 (57)
      町の鳥ウグイス、町の花ツツジ、
 
     伊吹山の麓には町の木カイヅカイブキが描かれています。



 今回の 山行はここまで

 伊吹山は ぜったい雪山でって思っていたんで今回、連れて来てもらえて最高でした。

 真っ白な雪 真っ青な空 天気は最高。 あの斜面はきつかったな~

 思い出いっぱいの山行となりました。

        山友さんに 大感謝!! です。


  また 懲りずに連れて行ってくださ~~い。


にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。





  
 ☆彡 みんなで、大文字山へ行って来ました ☆彡 
2017年03月05日 (日) | 編集 |
 先日 職場のみんなでハイキングへ・・

 コースは、京都市内を一望できる 大文字山へ

 京都地下鉄『蹴上駅』スタートです。 

 相変わらず全員 仕事明けの非番の体です。 みんな元気です


    301大文字 (15)  301大文字なる (3)

            疎水の橋を渡って 京都トレイルのコースへ 突入します。



    301大文字なる (6)  301大文字なる (8)

           みんな余裕 笑顔満載です              

                  301大文字なる (9)
  
                        ナイスなスマイル


 あっと言うまに 大文字山到着です。

    301大文字 (19)  301大文字 (20)

                 301大文字 (32)

    301大文字なる (10)  301大文字 (21)

 12時前に到着したので、昼食スペースが空いていましたので、ここでランチをすることに

 各々食事タイム ちょっと寒いかな~って思い おしるこを作りましたよ。

 お持ちは韓国のトックです。 歯ごたえがあって美味しいんですね、このお餅


 食を済ませたら 火どこへ向かいます。 山頂から15分

   
    
    301大文字 (25)  301大文字なる (13)

                いつ来ても 何度来ても 良い景色ですね~
                 301大文字 (33)


 前回は秋に来ました。 紅葉が見下ろせます。 今の時期は花粉が見下ろせますね【(笑)】



    301大文字なる (12)

 ここに住んでいる トビが2羽いましたが、画像は1羽。

 ハイカーの食事を狙っていますね~

 さぁ~ 下山しますか 銀閣寺へ降りて 哲学の道を歩いて 蹴上駅まで約1時間弱

 永観堂、南禅寺など散策しながらのブラブラ歩き

 哲学の道はこの時期は 少しさみしいですね。 桜の時期になればスッゴイ人です。

  
 夕方3時過ぎ 皆さん怪我なく 下山 大文字ハイキング 終了です。

 お疲れ様でした~~。


                            

 ここで おもしろ写真ご紹介

     301大文字 絵画タッチ(1)  301大文字なる (11)

         大文字山で男子集合写真                  巨人出現



    301大文字 ジャンプ(2)  301大文字ジャンプ (3)

    市内をバックに集合写真 ここからの~~~~~~~~~大ジャンプ



 めちゃめちゃ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 楽しいハイキングでした。

 来月はお花見シーズン  桜お花見ハイキング考えないといけないですね。

 みんなで ワイワイがやがや マジで楽しいですね~~


 にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。


 
 ☆彡 今年初 樹氷に出逢えました ☆彡 多紀連山
2017年03月01日 (水) | 編集 |
 先日 月曜日 天気予報では 晴れマーク

 こりゃ~~山に行くしかない でも 朝一は無理

 なんで それは 妻が仕事の日なんで駅まで送らないといけなんです。

 だから 近場の山を探し 行きたかった山の一つ 「多紀連山」


    多紀連山 御嶽 (67)



 御嶽~小金ヶ獄の縦走コース  登山口まで車で1時間弱の距離

 妻を駅に送ったそのまま 登山口へ

 最近雪も降ってないし。。。雪はないだろうと思っていたんですが

 一応アイゼンとスノーシューを準備しました。


 登山口近くの無料駐車場には 私だけでした。

 しかも天気はどんより アラレまで降って 天気予報に裏切られた~

 でも もちろん行きますよ


    多紀連山 御嶽 (1)  多紀連山 御嶽 (2)

 登山口は 民家の横から入ります。「おじゃましま~~す」

 獣よけの柵を開けて山道へ  ひぇ~~いきなり強烈な階段 何段あるんだろう
 
 階段を超えると 尾根に出ました。

    多紀連山 御嶽 (3)  多紀連山 御嶽 (4)

              鳥居堂跡                    九輪草自生地  

 雪が出てきました。 今年篠山地方は雪が多かったです


    多紀連山 御嶽 (5)  多紀連山 御嶽 (6)

         地図にも載っている水場ですが 行ってみると・・・こんな感じ
 
                    飲めそうにありませんでした 


    多紀連山 御嶽 (7)  多紀連山 御嶽 (8)

              大岳寺跡                 お地蔵さんがありました


    多紀連山 御嶽 (9)  多紀連山 御嶽 (10)

        展望の良いところに出ましたが ご覧のとおり 真っ白 ガスで視界無し



    多紀連山 御嶽 (12)  多紀連山 御嶽 (13)

        御嶽への最後の登りです   トイレ付きの休憩所(道標には避難小屋とありました)



    多紀連山 御嶽 (15)  多紀連山 御嶽 (14)

          山頂はもうすぐです。                 石小屋です



        多紀連山 御嶽 (16)         多紀連山 御嶽 (17)

          御嶽 山頂793m到着      ここで今年初樹氷 エビの尻尾に出会えました

 バリバリ寒いですが、エビの尻尾に来てよかったぁ~~って思いました。


        多紀連山 御嶽 (18)       多紀連山 御嶽 (19)


    多紀連山 御嶽 (20)  多紀連山 御嶽 (21)

    多紀連山 御嶽 (22)     多紀連山 御嶽 (23)

 もう~~テンション上がります。 綺麗って声に出してルンルン歩き。。。。。。。。。。。



 御嶽の次は 小金ヶ獄を目指します。 

    多紀連山 御嶽 (24)  多紀連山 御嶽 (26)

     樹氷のトンネルを潜ります。  誰にも合うことはありません この景色独り占めです


    多紀連山 御嶽 (25)  多紀連山 御嶽 (27)

        おおたわへ 一旦下山します。 ここからが 居易列な下り道でした。


        多紀連山 御嶽 (28)     多紀連山 御嶽 (30)

 おおたわに到着 広い駐車場でトイレもあります。     振り返ると御嶽が見えます


 ここから 次の山 小金ヶ獄

    多紀連山 御嶽 (29)   
  
         道標に従って 山道へ


    多紀連山 御嶽 (31)  多紀連山 御嶽 (32)

     フォレスト アドベンチャー 丹波篠山というアドベンチャー施設の中を進みます。



    多紀連山 御嶽 (33)  多紀連山 御嶽 (34)

   でたぁ~~丸太から生まれた いのしし  視界が開けたところから見える小金ヶ嶽



    多紀連山 御嶽 (35)     多紀連山 御嶽 (36)

              御嶽と違って 鎖場などがあって岩山チックです。


    多紀連山 御嶽 (37)  多紀連山 御嶽 (38)

           振り返ると御嶽が           滑りやすい岩を鎖を持って巻きます



    多紀連山 御嶽 (39)  多紀連山 御嶽 (40)

 スリルのある岩山を超えると 頂上に到着です。       小金ヶ獄 725m



    多紀連山 御嶽 (41)  多紀連山 御嶽 (44)

            愛宕山方面                    三角点ニタッチ


 ここで ランチです。 初めて使うアルコールバーナーです。

    多紀連山 御嶽 (42)  多紀連山 御嶽 (43)

                  お湯が沸くまで うろちょろしました。

  多紀連山 御嶽 (46)  多紀連山 御嶽 (47)

                        樹氷が綺麗です

               多紀連山 御嶽 (69)

                       360度 パノラマ


    多紀連山 御嶽 (48)
コーヒも入ったし ゆっくりランチタイムって言っても 

寒いので短時間ランチタイムでした。


    多紀連山 御嶽 (45)  多紀連山 御嶽 (49)

 さぁ~~ 栄養補給もしたし 下山しますかぁ  福泉寺跡を目指し下山

 この下りも 強烈な急な下りでした。雪で足が滑る滑る でもアイゼンは必要なし


    多紀連山 御嶽 (50)  多紀連山 御嶽 (51)

 ここの道標に出るまで 道を間違え エライ下ってしまいましたがGPSで確認しながら

 修正し 無事登山道へ合流


       多紀連山 御嶽 (52)      多紀連山 御嶽 (53)

                                     福泉寺跡に到着です

    多紀連山 御嶽 (54)  多紀連山 御嶽 (55)





 小金口への途中 沢沿いの道に出ました。

    多紀連山 御嶽 (56)  多紀連山 御嶽 (57)

    こちらにも九輪草の自生地がありました。 可愛い九輪草 春に来ないと会えませんね


    多紀連山 御嶽 (58)      多紀連山 御嶽 (59)

          沢沿いの道を下ります この時間になってやっと晴れてきました



    多紀連山 御嶽 (60)  多紀連山 御嶽 (61)

                      小金口登山口に到着です


 ここからアスファルト 駐車場へ帰ります


    多紀連山 御嶽 (63)  多紀連山 御嶽 (64)

 途中にあったマンホール 御嶽が描かれています。
                               御嶽は地元に方に愛されてる山なんですね



    
 ここから約30分 駐車場に到着です。

 やっぱり 車は私の車1台だけでした。


 樹氷に出会えた山行でしたが、 雪で足が滑り 手袋はドロドロになってしまいました。

 
 2月最後の山行となりました。 もう3月 雪山は少なくなてきますね。

 時期的にも 春山シーズン突入ですね。


 今月もなんとか 月2回どっぷり山へも目標達成できました。


 御嶽初めて来ましたが いい山です。 小金ヶ嶽への尾根道は 天気が良ければ

 最高の眺めなんだろうなって思いました。 次この山は春だな

 九輪草の時期にまた来ようと思います





 今回のジャンプは小金ヶ獄で

    多紀連山 御嶽 (68)

       ななんと ルイジージャンプです


にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。