FC2ブログ
 2008.5 ログハウス生活スタート!!  私たちが、小さい頃から憧れていたログハウス。 ログの出会いから、建設・そして完成。  私たち夫婦は多趣味で、登山 ・ ガーデニング ・ D・I・Y など、これからのエピソードを 書き込みしていこうと思います。 
 ☆彡 10月第3弾 紅葉登山  ☆彡 in大山
2015年10月28日 (水) | 編集 |


 THC月例登山(勝手に職場で作った 山好きな人の集まり)

 いつもは近場のハイキングがメインなんですが

 今回は 8月から計画していた紅葉登山 

 メンバーは8人です。

 計画は 1日目・・・大山寺駐車場泊で 大山登山  皆生温泉(湯快リゾート)泊
     
      2日目・・・鬼太郎(水木しげるロード)・砂の美術館(砂丘)観光


 前夜の23時出発 大山寺南光河原駐車場3時すぎ到着

 出発の6時まで各自仮眠です。  星空が素晴らしい 

 夜明けと共に目を覚まし 軽く朝食を済ませ 6時30分出発です。

    THC大山登山 (1)  THC大山登山 (2)

                    夏山ルートで山頂を目指します。 


    THC大山登山 (3)  THC大山登山 (6)

       山頂まで2.8キロ 難しいコースは無しですが 小石が多くて足元注意です。


 紅葉を期待しながら みんな足取り軽く 歩き出しました。


 
    THC大山登山 (4)  THC大山登山 (5)

         高山植物はこ時期皆無でしたが このような実がたくさんありました。
     


    THC大山登山 (9)  THC大山登山 (10)

 一合目 二合目と 高度を上げていくに連れ 景色がよ~~く見えるようになり

 六合目の避難小屋辺りでは 弓ヶ浜が綺麗に見えました。

 風は少しあり じっとしてると寒いですが 天気が良く 気持ちいいです。

 ここで 少し休み この先の登りに備えます。

    THC大山登山 (11)  THC大山登山 (41)
                                           影遊び

           山頂の剣ヶ峰が見えます。 危険区域で立ち入り禁止です。


 さぁ~~もうひと踏ん張り 。。。。。


    THC大山登山 (14)  THC大山登山 (49)

                  THC大山登山 (15)

 木道に到着 山頂はもう目の前です。 若いもんは流石に元気 

 木道を駆け上がり 余裕のピースで先輩を馬鹿にしています こらっ~~~~


    THC大山登山 (16)  THC大山登山 (13)

                  素晴らしい景色で 足が進みません 


 瀬戸内海の上には雲海が広がって 雲海の上にちょこんと 石鎚山が見えました。

                  THC大山登山 (12)
 
          目の前は 四国の山々 背中には日本海 隠岐の島も見えました。

 四国山 剣山も もちろん見えましたよ。 雲海の上に見える剣&石鎚 

 
    THC大山登山 (17)  THC大山登山 (43)

          後輩たちに遅れること数分 山頂の避難小屋に到着です。


 ここからは 8名全員で山頂へ向いました。

 早朝に出発したおかげで  人も少なく 写真撮影もゆっくりできました。

 さぁ~~ 一生懸命登ってきたんでお腹ペコペコです。

 バーナーでお湯を沸かし インスタントですが おしるこを作りいただきました。


 お昼前には どんどん登山者の方が 山頂を目指し上がって来られます。

 山頂は 独占してはいけません みんなの山頂です 


 11時半 下山開始


                 THC大山登山 (18)  

 素晴らしい景色 大山は山頂によく雲が掛かってますが 今日は快晴です。

 景色を見ながら ゆっくり下山します。


 6合目の避難小屋まで下山し 全員揃うのを待ちます。

 ”ぽかぽか”していて 睡魔が襲ってきます  気持ちいい~


    THC大山登山 (19)  THC大山登山 (48)

       下山ルートは 行者別れから 砂すべり方面へ 大山寺を目指すコースを



    THC大山登山 (20)  THC大山登山 (21)

 今日の登山で 1番 紅葉の綺麗なコースでした。

 一気に下っていく ちょっときついコースでしたが

 Wストックでバランスを保ち 膝に負担をかけないようゆっくり下って行きます。


    THC大山登山 (22)  THC大山登山 (23)

  黄色が綺麗です   赤はあんまりなかったです 残念



    THC大山登山 (24)  THC大山登山 (25)


                  THC大山登山 (26)

          砂すべりを 横切って 大山寺のある行者登山口を目指します。

 紅葉のトンネルをくぐりながら 歩きます。

 たくさんの写真家の方が 撮影されていました   


    THC大山登山 (27)  THC大山登山 (28)

                        綺麗な紅葉のトンネル


    THC大山登山 (45)  THC大山登山 (46)


    THC大山登山 (50)  THC大山登山 (51)


                 THC大山登山 (53)

        大山寺奥の院に到着 石畳の道を歩き 駐車場を目指します。



 この辺りから たくさんの観光客の皆さんが、いらっしゃいました。
  



    THC大山登山 (31)  THC大山登山 (32)

               駐車場近くの モンベル前から 大山を撮影  

 ここから見ると綺麗に見えますね。 山頂付近の紅葉は終盤 枯れている木々も多数

 14時30分 無事に下山 駐車場到着です。

    THC大山登山 (33)  THC大山登山 (44)

   みんな元気 疲れた表情が見えません。           元気・元気  


 全員、怪我もなく 無事下山できました。

 さぁ~~今回の最終目的 温泉です。  

 1時間弱で行ける    皆生温泉へ  ・・・  ・・・


 温泉入って 今日の山行の話で大盛り上がり 

 来年は 信州デビューするぞ って


 今回の大山登山は 天気も最高 全て良し 全員大満足の登山になりました。
            
            
            
            
            
            
            
            
            
            
            

 恒例の 山頂ジャンプ 皆さんハイテンションなんで 

      最高のjumpです。


    THC大山登山 (34)  THC大山登山 (36)


                  THC大山登山 (35)  


    THC大山登山 (38)  THC大山登山 (39)


                  THC大山登山 (52)
  

    THC大山登山 (40)  THC大山登山 (30)



 山頂からの パノラマです。

    THC大山登山 (29)  THC大山登山 (42)



 大山登山 大成功でした。

 THC大山登山 (47)  大山登山の奇跡です


                                   


                                       gannbarou.jpg
        
にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。





   
 
スポンサーサイト



 ☆ 勝手口からの・・・ イメチェン ☆ 作業2日目
2015年10月25日 (日) | 編集 |


 今日は 勝手口からガレージへと続くアプローチのリメイク作業2です。


 前回は 少し間が空きますが 枕木の間の芝生を剥がしたとこで終わっていました。

    勝手口アプローチ1 (9)
  9月27日の時点 約1か月前になりますね・・・・・


 この続きですね

 枕木の間隔を狭めて枕木オンリーでアプローチを仕上げたい

 埋めている 枕木を掘り起こしていきます。 。。。。

    勝手口リメイク2 (1)  勝手口リメイク2 (2)


 端っこから 新しく枕木をはめ込んでいき コンクリートの面と面一にします。

 今までは 枕木を少し高めのしていたので 歩くとき

 どうしても 枕木の上を歩く感じ(ケンケンパ)で歩かいないとダメ 

 自転車の出し入れも ガタンガタンってなるし・・・っていうことで 今回は面一


    勝手口リメイク2 (3)  勝手口リメイク2 (4)
               こんな感じで 枕木をはめ込んで行きました。  





    勝手口リメイク2 (5)  勝手口リメイク2 (6)

 最後は ほうきで土を掃いて 今日の作業は 終わり

 しっかり目地は入れず フワッと入れています。

 雨が降ったら 隙間に土が入ってくれて 枕木がしっかり落ち着いて来ます。

 枕木の表面から2cm位まで 土を戻し 

 あとは目地に 固まる土を入れようかと思っています。 
 
 雑草が生え無いように しないといけないですね。

 
 今日やった作業は 全体の3分の1くらい まだまだ しないといけないんですが、

 枕木がどう見ても 足りない     枕木も買わないといけなさそう・・

 枕木とレンガ 枕木と自然石  いろんなコラボ考えて 節約しないとダメですね。

 もちろん手抜きはしませんよ 


 今日は風があって 少し肌寒かったですね。 ジャンバー着て作業しました。

 皆さん風邪など引かないよう あったかくして過ごしてくださいね。



                                       gannbarou.jpg

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。






 *^^* オリーブの土入れ 追加 *^^*
2015年10月23日 (金) | 編集 |


 今日は仕事で 作業はおやすみでしたが

 3段までレンガを積んだんで 根っこが見えていたかわいそうなオリーブに

 土を 追加でたくさん入れました。

 作業は 妻の担当 

 赤玉メインに 花とやさいの土 他もろもろを ブレンドして入れたそうです。


 土も入って 立派な花壇に大変身 


    オリーブ土入れ追加 (1)

         我ながら 大満足ですね


 オリーブ土入れ追加 (2) オリーブ土入れ追加 (3) オリーブ土入れ追加 (4)


 いい感じじゃないっすか 目地は入れるか入れないか迷っています。

                     オリーブの実もだんだん赤くなってきました。

 オリーブ土入れ追加 (5) オリーブ土入れ追加 (6) オリーブ土入れ追加 (7)

           アプローチの古窯レンガとも良い相性ですね 


 このまま完成にしてもいいかなって思いますが

 芝生の面積を少なくしたいので この花壇の周りも何か考えないといけないですね。

 ネット検索 図書館巡り 本屋さん巡りで 良いアイデアパクらないと

 来週は 忙しいので DIYはお休みかな


                                          gannbarou.jpg


にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。






         
 
 ☆ 今日も オリーブの花壇 リメイク ☆ 3段目作業
2015年10月21日 (水) | 編集 |


 今日も作業しますよ~~ 

 夕方16時ごろ帰宅 日が暮れるまで 2時間弱もあるぅ

 花壇3段目を積んで行きます。


    りめいくsぎょう3 (2)

        水に浸しておいたレンガ 


    りめいくsぎょう3 (1)

 前回は 3段の前2個だけ積んだ状態で終わっていました。

 今日は ぐるっと残り12個をモルタルで固定していきます。


    りめいくsぎょう3 (4)  りめいくsぎょう3 (3)

       手前から始めて・・・・奥から積んでいき・・・外構側を最後に積んでいきます

       時間に余裕がないので デジカメ撮影忘れてました。 残り2個まで来ました




      夕焼け小焼けで日が暮れて・・・・・  17時の音楽が流れてきました




    りめいくsぎょう3 (5)

     ぐるっと 3段目完成     


    りめいくsぎょう3 (6)  りめいくsぎょう3 (7)

         はみ出たモルタルを スポンジで拭き取り 作業は終了です。

 日が暮れ出したら すぐに暗くなりますよ~

 急いでモルタルの拭き取り作業しますが、やっぱり日が暮れてしまいました。


    りめいくsぎょう3 (8)

   街灯の明かりで良い感じの写真撮れました。


 オリーブ花壇 リメイク作業3日目終了 


 このあと この花壇の周りを どんな感じにするのかは 私は・・・

 

 この作業が済んだら 作業前にあった枕木を勝手口へ移植する作業に入ります。

 DIYの秋 山行の秋  なんでもしやすい季節ですね  

 



                                      gannbarou.jpg


にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。







 ☆ オリーブ 花壇リメイク 2日目 ☆
2015年10月19日 (月) | 編集 |


 今日は 朝から花壇のリメイク作業2

 ホームセンターで バラス1 真砂土5 購入し 早速作業開始

 レンガの下地となる ステコンをまず 作業します。

 バラス3 真砂土2 セメント1の割合で コンクリを作って レンガの下に

 ドバっと適当に流し込んで コテでならしておきます。

    olivekadannrimeiku (1)  olivekadannrimeiku (2)

       こんな感じですね                ある程度固まるまで放置 


 運転免許の切り替えがちょうどあったんで 近くの警察署へ  。。。。。  

 1時間弱 良い時間です。 

 帰って来たら ある程度乾いていたんで いよいよレンガ積みの作業に入ります 

      円になるように 仮置きをします。

    olivekadannrimeiku (4)  


 レンガを切ったりしないように仮置きし位置が決まったら

 この仮置きしたレンガを 1個づつ 取り外して 水に漬けておいたレンガを

 モルタルで固定していきます。

    olivekadannrimeiku (3)

      ちょっと固めのモルタルを作って


    olivekadannrimeiku (5)  olivekadannrimeiku (6)

        縦横の水平をしっかりとって これを基本にどんどん並べていきます。


    olivekadannrimeiku (7)  olivekadannrimeiku (8)

             ラス1です                      1段目終了


                  olivekadannrimeiku (9)
 
          大体こんなもんですね まぁ円って言えば円かな いや 円形でっす


       続いて2段目 積みます

    olivekadannrimeiku (10)

 1段目と同じように仮置きして 1個づつ外して積んでの繰り返し

 撮るの忘れてまして・・・・ 2段目完成

 モルタルが少し余ってるんで 3段目に挑戦です。

 レンガは、一気に積んだら下のレンガにバラつきが出るんで

 3段くらいが限界かな  このレンガは重いんで 1日2段がちょうどいい 

  でも モルタルが勿体なんで 3段目


    olivekadannrimeiku (11)  olivekadannrimeiku (12)

                3段目の2個だけ 積んで積み作業は終了です。

 はみ出たモルタルをスポンジで拭き取って 今日の作業は全て終了です。


    olivekadannrimeiku (13)  olivekadannrimeiku (14)

 この花壇は 3段積んで取り合えず終わり あとは 4段面目のレンガは 

 妻のセンスに任せて 私は作業するだけです。


 オリーブの根っこが剥き出しになってるんで 早く土を入れてやらないと

 かわいそうです。 2段積んだんで 明日になればモルタルが乾いて

 土を入れれそうです。  待ってろよ~~~~~根っこ 


                                     つづきは いつになるやら
    

                                      gannbarou.jpg


にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。







 ☆ オリーブ花壇 リメイクしま~~す ☆ その1
2015年10月16日 (金) | 編集 |


 オリーブの花壇をリメイクします。

 現在は 枕木で囲んでいるんですが 芝生が侵入してきそうって言うんで

 急遽 防御策を 家族会議で話し合い この際リメイクして

 芝生の範囲を少なくしてしまう方向で妥結

 枕木は 勝手口の方へまわし 新たにレンガ作ることにしました。

 囲いも 四角から円形に変更です。    


 レンガは 古窯をレンガを使いたかったけど お値段が張るんで却下

 安いレンガで 雰囲気いいやつ探して ホームセンターを巡り 見つけたのが

 1個153円のレンガ 見切り品でした。

 が、 7つくらいしか無くお店に相談したら 最初の方は・・・・・ 

 諦めて帰ろうとしたんですが もう一度お店の方に相談しようと思ったら

 今度の方は ネットで他店の在庫を確認してくれました。  優しい人です


 広島に100個在庫有り  大阪の方に100個弱有り ラッキーでした。

 即150個注文して 2週間後の今日 取りに行ってきました。

 
    s-オリーブ花壇リメイク作業1 (4)  s-オリーブ花壇リメイク作業1 (3)
              100 個                      50 個
 

 気候も涼しくなってきたんで DIYしやすくなりました。

 早速 夕方に どのんな感じの円にするか 作業開始です。


                     今までの枕木を外します。

    s-オリーブ花壇リメイク作業1 (1)  s-オリーブ花壇リメイク作業1 (2)

   
                                    
 

                  s-オリーブ花壇リメイク作業1 (5)

 コンクリで固定せずカスガイで止めていただけなんで すぐに外れます。

 地面に埋まってる枕木は つるはしで えぃってやれば これまた簡単に外れました。



 円の大きさを決めるために オリーブの木にロープをくくりつけ

 これをぐるっと回して円を描きました。   レンガで トントン力強く土を固めて・・・

    s-オリーブ花壇リメイク作業1 (8)  s-オリーブ花壇リメイク作業1 (7)
        外した枕木は これ                周りを固めた状態


 この上に捨てコンを流し レンガの土台とします。

 その前に 下地を固めとこうと バラスとセメントを混ぜただけのカラコンを

 レンガの下に画像のよう敷いて置くことに 

 湿気である程度固くなれば  です。

 この上に捨てコンを流し 地面と面一の地点からレンガを積む予定です。

                  s-オリーブ花壇リメイク作業1 (9)

 芝生の侵入を防ぐため 15cm位からコンクリで塀を作っておけば 侵入されないでしょう

 今日の作業は ここまでです。


 次回 時間ある時に レンガ1段目並べられたら良い程度に思っています。

 お庭のイメージチェンジ 花や木の根っこが休んでる時に作業しないと

 行けなんで どうしてもこの季節になりますね~ 真冬がいいんですが・・・


 オリーブが終われば 次はラベンダーの花壇も このレンガを使って

 イメージチェンジする予定です。


 まぁ ぼちぼち やりま~~す。 



                                    gannbarou.jpg
 

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。






     
 ☆彡 2105 10月 蓼科山~双子池で出会った花々 ☆彡 
2015年10月14日 (水) | 編集 |


 今回も 数は少ないですが、ほんの少しだけ花咲いていました。

 先日テレビ秋山特集での番組で八ヶ岳 雨池付近には 100単位のコケが生えてるって

 もっと注意してみれば良かったな~思いました。


    蓼科山 双子池 はな (1)  tatesina はな (2)

          ふっわふわの 苔           苔にたくさんの蒴(さく)が出ていました





    蓼科山 双子池 はな (2)  蓼科山 双子池 はな (3)

             ヤマハハコ                   ミヤマクロウズコ



    蓼科山 双子池 はな (4)  蓼科山 双子池 はな (5)

          この子は何きのこ?           こっちのコケにも蒴が育っています



    蓼科山 双子池 はな (6)  蓼科山 双子池 はな (7)

            ミヤマクロウズコ                  珍しく可愛い苔



    蓼科山 双子池 はな (8)  tatesina はな (1)

        これもきのこでしょうか         紅葉している葉っぱ(花かな?)



    蓼科山 双子池 はな (9)  蓼科山 双子池 はな (10)


    

 もっと下調べしておけば コケを目的に行ったのに~残念

 でも次また行く理由ができたし 結果オーライではないでしょうか

 紅葉して雪に覆われ 来年春に向けて植物たちも頑張ってるんですね~

 コケの蒴は 花が咲くんだと思ってましたが 胞子なんですね これがバカっと開いて

 胞子がぶっ飛び コケが生息していくんでうね。 なんて神秘的 


 関西の山も 良い色になってきましたし 近所の山に紅葉ハイキング行こうかな~


                                          gannbarou.jpg

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。







 ☆彡 2105 紅葉登山  ☆彡 蓼科山~双子池
2015年10月12日 (月) | 編集 |


 3連休の初日 土曜日 紅葉求めて 蓼科山へ

 テント泊で行きたかったのが本心ですが

 日曜日が雨になってしまったんで 日帰りで決行

 連休ってこともあり 駐車場確保のため 前日出発 諏訪インターを0時に出る逆算で

 夕方出発しました。 

 7合目登山口に到着したのが 2時過ぎでした。

 登山口のトイレのある駐車場は ほぼ満車の状態でした。

 端っこに車を止めて 5時半まで仮眠です。   

 

 外がざわざわ 6時皆さん登山開始していましたが 睡魔に勝てず

 7時過ぎに出発 この1時間が後の行程に左右されたのでした。


    1010 蓼科山~双子池 (1)

 今回のコース 

 七合目登山口~蓼科山荘~蓼科山山頂~蓼科山荘~大河原峠~双子山

 ~双子池~天祥寺原~蓼科山荘~七合目登山口 です。


 1010 蓼科山~双子池 (3)  1010 蓼科山~双子池 (4)

 天気は晴れ後曇り (下り坂) 早いうちに登ってしまおう!!! 意気揚々出発です



    1010 蓼科山~双子池 (5)  1010 蓼科山~双子池 (6)

 紅葉してるでぇ~~ 少しずつ高度を上げていきます。 余裕綽々やんかぁ~~

 女神湖が見えます 綺麗やな~


    1010 蓼科山~双子池 (7)  1010 蓼科山~双子池 (8)

 しばらく上がると 展望がいい場所に 少し寄り道  たくさんの方が景色を見ていました。

 うわ~~~~ 北アルプスの山々見える        テンション   


    1010 蓼科山~双子池 (9)  1010 蓼科山~双子池 (10)

                  鹿島槍から槍ヶ岳まで見渡せました。 


           ここからが 急な登りです。しかも足場もイマイチです。


    1010 蓼科山~双子池 (11)  1010 蓼科山~双子池 (12)

 このような荒れた登山道 浮石に躓きながらも 頑張って進み やっと 蓼科山荘に到着


 ここから 山頂を目指し コースタイムは30分の岩場です。

 ストックは危ないんで ストックなしで行くことに


    1010 蓼科山~双子池 (13)  1010 蓼科山~双子池 (14)

   っね こんな岩場 ストックいらないでしょ    両手を使って上がります

    1010 蓼科山~双子池 (15)  1010 蓼科山~双子池 (16)

 鎖場も何箇所がありますが 鎖はあくまでも補助 三点確保でしっかり掴めば安心です。


    1010 蓼科山~双子池 (17)  1010 蓼科山~双子池 (1)

 絶景です 天気が良ければ、なお絶景 紅葉していますね  


    1010 蓼科山~双子池 (18)  1010 蓼科山~双子池 (19)

     山頂まであと5分 もうすぐです 岩にしがみつきながら 1歩1歩進んで行きます。


    1010 蓼科山~双子池 (20)  1010 蓼科山~双子池 (21)

 山頂ヒュッテに到着 たくさんの人がいらっしゃいました。  さすが百名山ですね。


    1010 蓼科山~双子池 (23)  1010 蓼科山~双子池 (22)


                      15 1010 蓼科山~双子池 (3)


    1010 蓼科山~双子池 (24)  1010 蓼科山~双子池 (25)

 山頂は 岩だらけの だだっ広いとこで 

 表記がなければどこが山頂が分からないくらいです。

 足場が悪いので 躓く方がいっぱい見られました。 私も何度も転けそうになりました。


 山頂で ランチしたかったですが 予定では先の双子池で紅葉見ながらランチが

 したかったので 長居せず 下山開始



    1010 蓼科山~双子池 (26)  1010 蓼科山~双子池 (27)

 蓼科山荘まで帰ってきて 双子山方面へ進みます。

 皆さん 蓼科山ピストンがほとんど この先は人が少ないです  


    1010 蓼科山~双子池 (28)  1010 蓼科山~双子池 (30)

 このような荒れた道もあり ゴロゴロ石の下りを1時間 大河原峠まで進みます。

 大河原峠から上がって来られる登山者も 

 何組かいらっしゃいましたが 結構急な登りになります。 


 ここで 妻が遅れ出してきました 何かあったのかと・・・・ 小さな子供にも置いてけぼり

 
    1010 蓼科山~双子池 (31)  1010 蓼科山~双子池 (32)

 大河原峠に到着 駐車場があります。 小屋はありましたが 営業していたかは

 遅れて到着した妻に異変が この下りで右膝の外側を痛めたそう。

 曲げると痛い   どうしようか ここから七合目登山口に戻る手段が・・・

 交通手段はなし 来た道を引き返し下山するか・・・あの登りを行くのはしんどいな~

 時間もお昼を回ってるし・・・・  このまま予定通りのコースで行くか

 妻の大丈夫って言う 嘘の一言

 予定通りのコースを行くことに  ここが私の判断ミスでした。

 双子池の紅葉が見たかった私のエゴで妻に迷惑をかけてしまうことに

 
    1010 蓼科山~双子池 (33)  1010 蓼科山~双子池 (34)

 このあたりは かなり紅葉していました。 痛い膝をかばって ゆっくりゆっくり歩く妻


    1010 蓼科山~双子池 (35)  1010 蓼科山~双子池 (36)

            樹林帯の中を入ったり 広っぱに出たりの繰り返しです


                1010 蓼科山~双子池 (37)


    1010 蓼科山~双子池 (38)  1010 蓼科山~双子池 (40)

 予定時間のほぼ倍の時間をかけて 双子山山頂到着 

 地図のコースは15分 実際は約40分


                  1010 蓼科山~双子池 (39)

                       蓼科山があんな遠くに


 ここから 双子池を目指し 樹林帯の中を下ります。

 痛い膝を容赦なく攻めてきます。


    1010 蓼科山~双子池 (41)  1010 蓼科山~双子池 (44)

              紅葉している 樹林帯の中を下り 双子池に到着


    1010 蓼科山~双子池 (42)  1010 蓼科山~双子池 (43)

 きれいに紅葉しています 天気が良ければ めちゃくちゃ綺麗なはず

 やっとここで 綺麗な紅葉が見れました。 妻もがんばった甲斐があったと

 時計を見ると もう2時半回ってます。 やばいな~~日が暮れるぞ


 双子池ヒュッテには 空きがありました。

 1泊素泊まり5000円 2食付で8000円 ここで泊まれば足は休められるでも

 翌日の天気は 雨 雨具持ってないし・・・。

 妻のがんばるわ! に勇気付けられながら 先を進むことに

 『日が落ちるまでに 蓼科山荘に着けば 真っ暗の中でも後は一本道 何とかなる』

 がんばっ  行くか!!!

 気合入れて 進みます。

 双子池に沿って登山道があり 唯一のキャンプ地 沢山のテントがありました。

 天気良ければ 最高のシチュエーションですね。

    1010 蓼科山~双子池 (46)  1010 蓼科山~双子池 (47)


              双子池を離れ 次のポイント 亀甲池を目指します。

    
    1010 蓼科山~双子池 (48)  1010 蓼科山~双子池 (49)

 まるでジブリの世界

  荒れ果てた登山道 倒れた木々にコケが生えてて 不思議な世界 


    1010 蓼科山~双子池 (50)  1010 蓼科山~双子池 (51)

 亀甲池に到着です。 ゆっくりもできず 進みます。  時間との戦いになってきました


    1010 蓼科山~双子池 (52)  1010 蓼科山~双子池 (53)

 天祥寺原目指し。。。。                    蓼科山が見えてきました


    1010 蓼科山~双子池 (54)  1010 蓼科山~双子池 (55)

        紅葉した樹林帯 何度も言いますが 晴れてたら最高だろうな~~


    
    1010 蓼科山~双子池 (56)  1010 蓼科山~双子池 (57)

 天祥寺原 到着 地図では水場がありますが 今日は見当たりませんでした。

 沢は水が無かったです。 


    1010 蓼科山~双子池 (58)  1010 蓼科山~双子池 (59)

 蓼科山の道標が出てきました。 やっとここまで来たぞ

 ここから 蓼科山荘までは分岐は なし ひたすら真っ直ぐです。

 
 の はずが 真っ直ぐは真っ直ぐですが 強烈な道に突入でした 


    1010 蓼科山~双子池 (61)  1010 蓼科山~双子池 (62)

 こんな ごろごろ石の沢をひたすら 永遠 ず~~~~っと 歩かないと行けないなんて

 山の神さん 恨んでやるぅ~~~~ 


                 1010 蓼科山~双子池 (63)

                しかも 売店 宿まで 30分に 騙された

 歩けど 歩けどしても 山荘が見えません。

 日が落ちてきて 暗くなってきました。 石がが白いので まだ 足場は見えます。

 痛い膝を 無理に曲げながら 妻は頑張っています。 はぁはぁ息が聞こえます。
 
 少し離れると 笛の音が ピ~~~ 存在を知らせてくれます。  


    1010 蓼科山~双子池 (64)  1010 蓼科山~双子池 (65)

 あたりが暗くなったころ 蓼科山荘に到着 ヘッドライトを取り出し 点灯

 小屋から ご主人が私たちを見てびっくりして 出て来られました。

 「どこ行くの? 上行くの?」 

                     「いえ 七合目まで下山します」

 「もう真っ暗になるから 十分気をつけて行きなさい」  

                     「 はい 分かりました ありがとうございます」


    1010 蓼科山~双子池 (67)

 空を見ると少し明るい でも 登山道 森の中は真っ暗です。


 さぁ~ 最後の道 気合入れて 荒れた登山道を 下ります。

 浮石が多くて 時々 ズルッ ズルッ って滑りながら

 ヘッドライトの明かりだけが頼り しかも 1個のヘッドライト

 実は 用心して準備していたのは 妻なんです。 脱帽です 恐縮です 恥ずかしいです。


 ヘッドライトが照らすところだけが見える世界

 背中の後ろは 闇です。  めっちゃ怖い 震えながら進みます。

 「風呂入りてぇ~~」  「何食べる?」・・・気を紛らわしながら歩きます。


 暗闇のなか 七合目の鳥居が ヘッドライトの明かりに照らされました。 

 18時45分 七合目登山口 到着です 

    1010 蓼科山~双子池 (68)

 体は冷え冷えです。 やっとたどり着いた妻は疲れ果てて目には涙が・・・

 膝を痛めたときに あの辛い登りと思わず引き返すべきだった

 私のエゴでこんな目に合わせてしまいました。 

 朝の1時間早く行動してれば・・・・ 山頂ピストンにしとけば・・・

 後悔ばかりの山行でした。  

 この時期 18時が、タイムリミット 下手すりゃ命にかかわってた問題です。

 

 車に戻り 荷物を 放り込んで 温泉 目指し出発 

 スマホで一番近い温泉施設を検索 

 蓼科湖湖畔にある すずらんの湯に急いで行きました。

    1010 蓼科山~双子池 (70)  1010 蓼科山~双子池 (69)


 21時まで営業 20時過ぎに到着 冷え切った体 疲れた切った体を あったかい温泉で

 癒し 風呂上りに 2人無事に下山できたことに ご当地牛乳で乾杯 

                     1010 蓼科山~双子池 (72)

                 ぷはぁ~~~ うまい 最高の一杯でした


 さぁ~~帰るぞ   ゆっくり帰るだけなんで ひとまず腹ごしらえ

 諏訪インターまでの途中にある 丸亀製麺所で 昼夜兼用の食事

 時間が無かったんで 何にも口にしていなかったんです。

 行動食の小さなスニッカーズだけ 下山した安心感から おなかぺこぺこです。

                   1010 蓼科山~双子池 (73)

 冷え切った体に かけうどんの出汁がしみる~~~   うんめ~~~~~

 それに トッピングのゲソ天を 天丼にして いただきました。 

 妻の顔にも ようやく笑顔が。  

 
 ご飯を食べたら 今度は眠気が   

 あわてて帰ること無いんで

 諏訪サービスで仮眠 23時ごろから 翌朝7時まで ばっちし寝ちゃいました。 

 
 後は 安全運転で 家まで帰るだけです。


 無事帰宅後 前日の山行の話を肴にマッコリで盛り上がり 

 もう今シーズンは終わりって言ってた 妻から 次はどこ行く

 北八ヶ岳  白山    ひぇ~~~~~ 超人やな


 妻も山行きたいウィルスに汚染されたようです。

 さぁ~~ まじ 次はどこの山に行こうかな

                                        
                                      gannbarou.jpg




 あっ!そうそう 今回も高速道路を見守っている 正義の味方 スパイダーマン

 いました いました 

    1010 蓼科山~双子池 (71)

 木曽川から東京方面 300m付近 左側です。

 



 ながながと お付き合いありがとうございました。 



にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。






 
 ☆彡 蒜山縦走で でった花々&超貴重な生物 ☆彡 
2015年10月09日 (金) | 編集 |

 
 
 先日の蒜山で見つけた花々をご紹介

 季節的に 数少ないですが 貴重な生物を発見  感動でした
 

中蒜山~上蒜山070925 花々 (1)中蒜山~上蒜山070925 花々 (2)  

      ママナコ              ツリフネソウ  

中蒜山~上蒜山070925 花々 (3)
   イブキトラノオ



中蒜山~上蒜山070925 花々 (5) 中蒜山~上蒜山070925 花々 (6)
    アキノキリンソウ               どんぐり



中蒜山~上蒜山070925 花々 (7)中蒜山~上蒜山070925 花々 (9) 
       リンドウ              シモツケソウ 



中蒜山~上蒜山070925 花々 (10)  
      リンドウ



中蒜山~上蒜山070925 花々 (11) 


中蒜山~上蒜山070925 花々 (12)中蒜山~上蒜山070925 花々 (13)
     ヤマラッキョ             ヤマラッキョ



中蒜山~上蒜山070925 花々 (14) 中蒜山~上蒜山070925 花々 (16)
      ウメバチソウ             トチパニンジンの実



中蒜山~上蒜山070925 花々 (18)中蒜山~上蒜山070925 花々 (19) 
    ツリガネニンジン            シラヤマギク

中蒜山~上蒜山070925 (77)
     タムラソウ



中蒜山~上蒜山070925 (93)
       アオギリ




中蒜山~上蒜山070925 花々 (4)中蒜山~上蒜山070925 花々 (8)
      ガマガエル             巨大ワーム





中蒜山~上蒜山070925 花々 (20)
     ルリモンハナバチ

 最後の生き物 ルリモンハナバチ  珍獣図鑑から拝借

         幸せを呼ぶ青い蜂

この蜂、ルリモンハナバチというミツバチの一種。

ミツバチではありますが、自分たちで巣を作るわけではなく、

ケブカハナバチ類に<労働規制>をして、共生している蜂。

本州、四国、九州、その他東南アジアで生息していますが、

数は少ないので日本ではなかなか見かけることは出来ないかもしれません。


      
まさか こんなとこで出会うなんてびっくり幸運がやってきたかも




わたくしごとですが

最近 山で、がむしゃらに駆け上がっていかれる登山者もいらっしゃいます。

そんなに急いでどこ行くの? って 

山に来たんだから 山を肌で感じないと山に失礼ですよ

景色・生き物・花 など見ながら 歩くのもいいもんですよ って思う時があります。

独り言なんで気にしないでくださいね                                          


                                        gannbarou.jpg
    

 にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。






       
 ☆彡 2105 10月一発目の山行 蒜山縦走 ☆彡 中蒜山~上蒜山
2015年10月07日 (水) | 編集 |


 10月の山行第一弾目に選んだのは、蒜山 (岡山県)

 日曜日の前日山行ってこともあって 前日入りです。

 道の駅『ひるぜん高原』にて 車中泊 朝7時に登山口のある塩釜の冷泉へ 移動

    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (1)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (3)

 登山者は 芝生の上に駐車します。 アスファルトは水を汲みにこられた方用

 本日のコースは 塩釜~中蒜山~上蒜山~上蒜山スキー場~塩釜です。

 
 準備をして早速スタート

 水は もちろんここ 塩釜の天然ミネラルウォーター

    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (2)      中蒜山~上蒜山070925 縦走 (4)

 ボトル満タンして 水場の横から 中蒜山目指し 登山開始 


 樹林帯の中を 気持ちよくスタート 。。。

    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (5)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (6)

                    しばらく歩いて 一合目 到着 



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (7)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (8)

                    朝日が差してきて 二合目 到着



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (9)     中蒜山~上蒜山070925 縦走 (10)

 三合目辺りから 予想以上の登り 急勾配を上がります。 四合目で 倉敷から来られた

 人生の先輩夫婦に出会いました。 いろいろな話を聞かせてもらいながら 休憩

 
 さぁ~ ぼちぼち 行きますか 。。。。

 あっという間に おいてきぼりをくらいました 



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (11)     中蒜山~上蒜山070925 縦走 (12)

 五合目 到着 ブナの木がいっぱい生えていて 空気が冷たく気持ちいい~

 おじPさんのように 思わず抱きついてしまいました   冷たくて気持ちいいです。


   
    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (13)  

 六合目 到着 だんだん上がってきましたね~ 樹林帯が続き展望もまだありません



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (14)     中蒜山~上蒜山070925 縦走 (15)

 木の根っこがむき出しの滑りやすい道 時折鎖場も出現します。慎重に進み・・・




    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (16)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (17)

 八合目目から 下蒜山・山頂が見えました。 本当は 下~中~上蒜山と縦走したかったぁ~



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (18)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (19)

 蒜山の街が見えます。  随分上がってきました         秋空ですね~~




    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (20)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (21)

 下蒜山からの縦走路に到着 ここから稜線ですかね~    向こうに下蒜山



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (22)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (23)

 最後の登り ここを上がると 稜線に出ます。 稜線の向こうに中蒜山の避難小屋が。



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (24)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (25)

                     蒜山高原と 中蒜山の縦走路



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (26)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (27)

 中蒜山 避難小屋に到着  

 中は綺麗に整理されていて 暖を取れるように火床までありました。



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (28)     中蒜山~上蒜山070925 縦走 (30)

 中蒜山・山頂 到着です。  三角点にタッチ 


    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (29)    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (31)

  日本海とこれから目指す上蒜山です。  1122mの中蒜山 立派な標識があります。
                        中蒜山~上蒜山070925 縦走 (63)

                         山頂で記念のジャンプ


 少しだけ休憩し 先に進むことにします。

 避難小屋の横から 上蒜山へ目指し 稜線歩きをします。


       中蒜山~上蒜山070925 縦走 (32)     中蒜山~上蒜山070925 縦走 (33)

 稜線歩きは 本当に気持ちがいいですね~

 右側に日本海 左側に蒜山高原 正面に上蒜山

 最高です。 紅葉も少しだけ ほんの少し色づいていましたが まだまだ早かった



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (34)      中蒜山~上蒜山070925 縦走 (35)

    稜線歩きが終わり 上蒜山取り付きまで来ました 中蒜山とは違って岩が多いです。


    
    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (36)      中蒜山~上蒜山070925 縦走 (37)

 急な岩場をいくつか超えると 上蒜山・山頂への道と下山方面へとの分岐にでました。

 もちろん 山頂を目指しますが ここからが エグい道です。


       中蒜山~上蒜山070925 縦走 (38)         中蒜山~上蒜山070925 縦走 (39)


 背丈ほどある笹・ヤブの中を掻き分けながら進みます。 

 あまり人が入っていないのでしょうか 

 全然整備されておらず 歩きにくいったらありゃしない 

 笹の葉っぱで顔を切りそうになるわ ここは失敗したか~~って思うほどの道でしたが

 無事 上蒜山・山頂に到着 三角点にタッチ  頂上はこの三角点のみ

 その他はなんにもありません。 予定ではここでコーヒータイムでしたが 即退散

                       中蒜山~上蒜山070925 縦走 (62)

                        上蒜山 ジャンプ 

     

 先ほどの薮を掻き分けて分岐まで帰ってきました。

    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (40)

 上蒜山スキー場を目指し 下山開始 。。。。。 

 やっぱブナは良い~~~ ブナの原生林の中を歩き 稜線に出ました。



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (41)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (42)

 ど~~~~ん  大山が見えました  左側は さっきまで居た中蒜山 その奥は下蒜山




    
    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (43)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (44)

 槍ヶ峰からは 展望が抜群に良く  コーヒータイムにバッチシの場所でした。     
  

                      中蒜山~上蒜山070925 縦走 (65)

                 中蒜山 下蒜山をバックに 最後のジャンプ


  
    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (45)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (46)

 これから歩いていく稜線の先には蒜山高原が     右に大山を見ながら下山です

 大山 かっこいい 



    
        中蒜山~上蒜山070925 縦走 (47)      中蒜山~上蒜山070925 縦走 (48)

 樹林帯の中に入ったあたりから 階段が容赦なくやって来て 疲れた膝を苦しめます

 この~~ 階段やろーめ    階段に打ち勝ち 下山口に到着 




    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (49)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (50)

              高原?牧場?の中をまっすぐ 進んでいきます。

 上蒜山スキー場から アクセスするとここの柵を超えていけば良いってことですね



           モォ~




                                   モォ~





           モォ~




                                       モォ~








                    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (51)


                  ジャージー牛たちが お出迎えしてくれました。



       中蒜山~上蒜山070925 縦走 (52)      中蒜山~上蒜山070925 縦走 (53)

 さぁ~~ 無事下山できましたが 車を置いてある塩釜までどうやって戻るのか 

 
 そうです これこれ  必殺の 最高の すっばらしぃ 考え


 『レンタサイクル』 です 



    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (54)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (55)

 道を間違え 30分ちょいロスしましたが 閉店1時間前ギリギリにウッドパオに到着。

 ここで レンタサイクルで 塩釜まで一気に戻ります。        



中蒜山~上蒜山070925 縦走 (57) 中蒜山~上蒜山070925 縦走 (58)中蒜山~上蒜山070925 縦走 (56)


 下りが多いので 一気に・・・

 時々 上りは自転車を押して歩きますが 自転車最高!!!!! 


    

    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (59)  中蒜山~上蒜山070925 縦走 (60)

 サイクリングロードを進み 塩釜への分岐に到着  途中かわいいマンホール発見

 蒜山は 牛がモチーフにされているんですね。 ご当地マンホール



    
    中蒜山~上蒜山070925 縦走 (61)

 自転車を車に詰め込み ウッドパオまで 戻ります。

 
 蒜山縦走は このように レンタサイクルを使って 登山口まで戻る方が多いそうですよ

 この日も リュック担いだいかにも 登山者っていう感じの人が 

 ママチャリに乗って サイクリングロードをカッ飛んで言ってる姿をチラホラ見ました。


 

 紅葉を期待していましたが 大山は11月上旬が見頃だそうです。

 蒜山は 昔 山を始めた頃 中蒜山は登ったことがありましたが 上蒜山は初めて

 想像以下の山頂にびっくりしました。 ほんと何にもないし 道は悪いし・・・・ 


 10月第一弾登山は 蒜山縦走で開幕  紅葉登山 今しかできないから行きまくるぞ




 しんどいけど、山は良いよな~~~~

                                     gannbarou.jpg


にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ
ご覧頂ありがとうございます。
足跡にぜひ 1クリックお願いします。